Future Make -MAKUAKE-

習慣化からミライの幕開けを創る

ゲームで楽しく習慣化
参加はこちら

スポンサードリンク

Maps Maroon5の日本語歌詞とPVの意味を味わう。

Maps

拝啓、社畜の君へ

こんにちは、ヒカルです。

Mapsが最近、僕の中の音楽ライフの中で輝いている。
300回以上再生してるんだけど、洋楽だから、歌詞の意味も知りたくなってきた今日この頃、まずはこちらを見ていただきたい。

 

 

Mapsの和訳歌詞


Maroon 5 - Maps (Lyric Video)

僕たちは全てを手にしていた。
だけど僕は途中でつまずいた、君はどうして逃げたの?
僕が跪いた(ひざまずいた)時、君はどこにいたの?
守ってくれると言ったのに何処に行ったの?
君へと続く道をたどってる。どうしようもないんだ
君がくるんしんでる時もそばにいてあげたのに
君へ続く地図をたどるよ

 

意味不明な歌詞だが捉え方は、人それぞれだろう。別れた女への歌詞なのか、逃げられたのか?『それでも僕は君の思い描いた地図を追い求めていく』(幸せへの未来かな?)
切なくも感動する内容だ。

 

しかし本当の意味は誰にもわからない。ここで気になるのがMV(PV)だ。


上記動画は、詩だけを載せた動画なので、プロモーションビデオにだったら何かヒントが残されてるかもしれないと思って見てみたら、ゲスの極みからの、絶望的な内容だった。

 

MapsのPVには、悲しい物語が繰り広げられていた。

少しショッキングな内容もあるので、自己責任で見てね^^;

www.youtube.com

出だしから、最悪な状況だ。一気に胸が苦しくなる内容。
しかし、それには、訳があるわけで・・・

歌詞から学ぶ、『大切な人やコトを、想う』

人生は、何が起きるのか誰もが予測不能だ。
しかし確実にくるものは『死』だ。
これは誰しもが予測可能なコトなのに、案外、『まだ死なない』と思って、日々の幸せを見つけるコトもできずに、社会の歯車になって、日々を過ごすコトが多い。
このPVはただの男女関係のゲス動画なんかではなく、あなたの日々を人生を考えさせられるものなんじゃないだろうか。

何をしてもいいが、自分が心から、やりたいコト、(やりたいコトはすでに日々無意識にやっているコトが多い)

そういうものを突き詰めていく、損得勘定ではなく、心から楽しめられるのであればお金を払ってでもしたいコトをしたらいい。

 

覚醒して狂い踊れ

もう人に好かれるとか嫌われるとか、どうでもいいじゃないか。
味方は必ずいるもんだ、先輩や仲間、家族、友達、切っても切れない関係が必ずいる。そもそも自分自身は一生、あなたから離れない。逃げられない。一生ついてくる仲間であり、同志だ。

 

明日死ぬかもしれないから色んな事に挑戦しよう。何てのは綺麗事でムカつくけど、本当に予測できることは、人はいつか死ぬことだ。

 

それが寿命で亡くなるのか事故で死ぬのかなんてわからないけど、必ず死ぬんだよね。

今のままで、本当にいいのか?

 

頑張る。頑張らない。

本気でイマを生きよう。ゆるく生きよう。

好きなことやろう。未来の為、今は無理しろ。

 

そんなのどうでもいい。

 

自分の好きなようにやれ。熱くなってもいいじゃん。

熱くなることは、決してカッコ悪いことじゃない。

人の目を気にしてクールに生きることがかっこいいのか?

金持ちになればお前は幸せなのか?頑張らなければ幸せになるのか?

 

心が震えることをしろ。人生は一度きりなんだ

お前だけの地図をたどっていけ。お前が一番お前を見ていて、側にいてくれるんだ。