Future Make -MAKUAKE-

習慣化からミライの幕開けを創る

ゲームで楽しく習慣化
参加はこちら

スポンサードリンク

屍囚獄ネタバレ結末あらすじ

様々な理由で廃村寸前の小さな集
八坂村にやってきた美琴たち。
ただの調査のためにやってきただけでしたが
宇受売にさせられそうになったり次々に人が殺されていき・・・。
宇受売とはなんなのか・・・。
そして美琴たちは無事に八坂村から逃げられるのか――。

今回は、漫画「屍囚獄」を紹介するぜ。

 

屍囚獄(ししゅうごく) 1 (バンブーコミックス WINセレクション)

 

●著作:室井まさね
●5巻 完結

目次

  

屍囚獄 漫画あらすじ

この血塗られた土地からは、誰ひとり生きて還れない――!!!大学のレポート作成のため、人口わずか43人の寒村を訪れた6人の女子大生。古くから謎めいた風習が残るその村は、過去50年にわたり女が一人も生まれてこない奇妙な土地だった。到着早々、猟奇的な殺人に巻き込まれた彼女たちは、脱出不可能な狂気の村で、やがて極限の恐怖と絶望を味わうことになる……。血と腐臭にまみれた空前絶後のサスペンス・ホラー、ここに開幕!!

屍囚獄 登場人物 

★美琴(みこと)

優しくて真面目。気配りができ、村の異変にも気づきはじめる

 

★沙霧(さき)

ミスコンで優勝したこともあり美人。性格はキツめ。

 

★さより

美耶のいいなりになって、なんでもやるパシリ。大人しい性格で文句も言えない。

 

★このは

関西出身。さっぱりとした性格。単位もとれてタダで旅行もできるという安易な理由で今回の調査に参加。

 

★比奈(ひな)

ギャル。自分に危険が迫ると人を盾にして逃げる。

 

★美耶(みや)

少し太めなヤンキー風で短気な性格。さよりを使いっ走りに使っている。

 

★香坂(こうさか)

教授の助手。冷静でみんなのまとめ役。

屍囚獄 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「屍囚獄」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単!

⇒「屍囚獄」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想など書いていく。

 

 

ネタバレはここから

逃げ場を失った女性が追い詰められ、斧で腕や足を切断され、泣き叫びながら死んでしまう。それだけのことをしておいて「死んでしまったか」と不満そうに呟く男。そして誰かに埋めてくるよう指示するのだった。
場所は変わり、蝉が鳴く夏の暑い日、山道を走る1台の車があった。
車の中には教授に連れてこられた女性たち7人が乗っており、向かう先はM県T山地N県境付近の人口僅か43人の廃村寸前の小さな集落「八坂村」。
7人は東京の大学から民俗学の研究の為に訪れ、村長の天野猿田彦の屋敷で1週間泊まることになった。
快く笑顔で迎えてくれる村長。女手がないので構えず申し訳ないというが、飾られている写真には綺麗ではあるがとても暗い表情をした村長の妻が写っていた。妻は体調を崩して長い間寝たきりになっていると聞き、立ち入ったことを聞いてしまったと思い、綺麗なので若い頃はモテていたのではないかと尋ねると、村長は笑顔で「それはもう、村中の男が”宇受売”(うずめ)に夢中になっていた」と話す。”宇受売”とは?と思っていると、そこに息子の貴彦が入ってきた。今年で26歳になるというが、村には女性が1人もいない為、奥手になってしまい彼女のひとりもいないと紹介され、東京の大学から来ている7人の中から1人でも口説いてみたらいいと冗談のようにはやしたてる村長。教授の助手である香坂は、教授が単位を餌に若い生徒をズラズラと連れてきたのは村長の息子の嫁探しの為かと気が付き人身売買のようなものだと呆れる。
そしてトイレに行っていた比奈の悲鳴が聞こえると、そこには村長のもう1人の息子の伊助がいた。先ほど紹介された貴彦とは全く似ておらず、でかい体に顔つきも怖く、村長の話だと頭がちょっと弱いらしく、驚かせてすまないと謝る村長は伊助にあっちに行けと言い追い払う。伊助が向かった先の部屋には老婆がいて、寝たきりの状態で食事をとる為に起き上がっていた。その老婆は、東京から女子が大勢来ていることを知ると、なんとかしないといけないと呟いた。
一方部屋では壁に掛けられた「猿田彦神」のお面の説明を受けており、天狗の原型ともされ、鼻の長さは握り拳7個分、身の丈は7尺あったと日本書紀に書かれているとのこと。村長の祖神が猿田彦神で41代目の猿田彦になるといい、毎年1月に行われる「ふなど祭」では面をつけて猿田彦神を演じている。そんな説明を受けていると、村人たちが覗きにきて歓迎会をしたいとお酒を持って現れた。夜になり真夏だというのに鍋を囲み、歓迎会を開いてもらう7人。会話の中で、この村は女性の出生率が異常に低く、ここ50年女児が1人も生まれていないと聞く。そしてこれはウズメ様の祟りだと村人の1人が呟くと、村長は表情を曇らせ「いらんことを言うな」と諭す。そして歓迎会には貴彦の姿はなく、麓の町に行きケーキを買い、うずめという少女に会いに行っていた
翌朝、調査研究をすることになったのだが、参加者は生徒3人だけ。他の生徒は二日酔いだの勝手にどっかに行っていたりと何しにこの村に来たのかと呆れられる。部屋に残った美耶は、もう一眠りしようと布団に潜っているとドドドドと2階で走りまわっている足音がうるさくて寝付けず、2階の部屋へ怒鳴り込みに行くがそこには誰もいなかった。
その頃、沙霧と比奈はウォシュレットを借りるために村人の家にきていた。
比奈がトイレに入っている間に面白いものを見せてあげると連れて行かれる沙霧。そして比奈がトイレから出てくるとこの村人に胸を鷲掴みされ、襲われそうになるが、その時、その村人の後ろから何者かが斧を振り落とし、村人の頭を真っ二つに割ってしまう。あまりのことに逃げ出す比奈は途中、縄で縛られた沙霧を見つけるが、その斧を持った何者かに沙霧を突き出し沙霧を置いて自分だけ逃げ出してしまった。

 

屍囚獄 漫画 感想・口コミ

いきなり女性が手足を切断させられるシーンから始まり、残虐なストーリーですが、生き残れるのかスリリングで展開が引き込まれます。

面白いです。最後まで、夢中で読んでしまいました。続きが気になります! 絵も上手いし、こういう話にありがちな分かりづらい設定みたいなのもなくとても分かりやすい内容でした。 私はお薦めしますよー。

 

屍囚獄 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができる。

下記リンクからトップページへ行って、検索欄で「屍囚獄」と検索ですぐ読む事ができるよん会員登録もアプリも不要だからオススメ

⇒「屍囚獄」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画だし、他の面白い作品も無料で試し読みができるからぜひ見てみてねー!

  

 

f:id:shimata777:20160524122048g:plain

 

漫画の主人公のように、

自分らしくパワフルに生きたい方は

こちら登録してみてね♪

友だち追加

【自分を生きる科学公式LINE】

 

 

自分らしく生きる関連記事

 

www.radicalchange7.com

www.radicalchange7.com

www.radicalchange7.com