Future Make -MAKUAKE-

習慣化からミライの幕開けを創る

ゲームで楽しく習慣化
参加はこちら

スポンサードリンク

超絶圧倒的行動力を持って結果を取りにいってもいい。

目標を、「難しい、無理そう」と言い出す事から

圧倒的な結果を出す。という事へシフトさせる。

 

 

成果や結果に対して自分が阻む

成果を出しそうな時に、成果を出す時に、人は止められる事がある。

加減したり、あえて1番はとらなかった李、結果ではなくプロセスに注目していたり、気分がよければ結果はいい。

 

みたいな感じだ。

 

それでは、一向に目標はクリアできない。

 

状況が悪いと

「まぁ今回はしょうがない」

 

現実問題

結果は出ていない。

 

そう、多くの人は結果を出す事に全力で取り組んではいない場合がある。

 

全力出し切って期限を迎えようとはしない。

または、余力を残し、体裁を保てれば、結果はどうでもいい事がある。

 

結果よりも人の目線、体裁、

全力で結果を取りに行かなくても生きていけるからだ。

 

dream.

危機感が足りない

正直、達成しなくても死ぬ事はない。

しかしながら

〜できなければクビ

など、危機的状況、期限ギリギリになると、行動をしだす。

 

そして区切りがいいところで年明けに決意を新たにして、少しだけ行動する。

それでは、新年にならないと行動ができないのか?

 

全然そんな事ない!!!行動はいつだってできる!

 

今すぐに。

 

dream

あなたは結局何がしたいのか?

 

行動できない場合、だいたい妄想中だ。

何か行動できない妄想に絶賛ハマっている。

その時は、未来の目標をどうして志したのか再度考えてみよう。

そして今してる事は、未来の目標に果たして近づく事なのか。

強い意志を再び燃やしていこう。

そして、その強い意志はすぐにまた燃え尽きるので、日々宣言しよう。

その強い意志を持って、圧倒的な結果を出す自分である事を。

 

ポイントは、

行動力は、容易に失われる。ただ、それで行動しないのはバカだ。

子供じみている、もしもイチローならば、強い意志をまた創作し、すぐにでも全力で行動をするはずだ。

僕たちのライバルはイチロー選手だ。絶対にできる。

 

 

あなたの問題が解決する

大人の生きるヒントが満載

公式LINEを友達追加してみてください!

友だち追加

友達追加で、

[ラジオ音声]現代社会を生きる5つのシェア

をプレゼントします。何かのきっかけになれば嬉しいです

10分程度の電話相談も可能です^^

 

f:id:shimata777:20170529082306j:plain